臨床心理士の試験に合格して国家資格の取得を

臨床心理士,国家資格,合格

一体何の為に仕事を行うのか、このような疑問にぶつかる事が人生の中ではあるかも知れません。基本的に収入を得るための行為として行われている仕事ですが、仕事を行なう事によって社会に貢献する事ができるようにもなっています。そのような社会の仕組み作りが行われていますので、どのような仕事でありましても一生懸命行う事によって社会に何らかの形で貢献する事ができるようになっています。仕事に対して疑問を持たれている方は、このような大きな視点を持ちながら仕事をされたら良いでしょう。 またそのような問題を早めのうちから考えておく必要もあります。年数が経ってからこのような問題を考えて、自分が行いたい仕事を探しても、既にその時にはできないような仕事もあるかも知れません。特に臨床心理士はそれに該当すると言えるでしょう。 国家資格が必用となる臨床心理士になるには、教育関連の試験に合格しておかなければなりません。人の役に十分立つ事ができる立派な仕事ではありますが、ただ個人的にアドバイスをしてあげるのと、それを職業とするのでは責任が大きく異なります。特に仕事として行っていくのであれば、しっかりとした資格を保有している方にしか、仕事を依頼されないでしょう。 280

臨床心理士の国家資格化達成について

臨床心理士,国家資格,合格

 臨床心理士と言えば、およそ心理士と名の付く資格の最上位に位置づけられ、カウンセリングや心理検査を主な業務とする心の専門家です。その臨床心理士になるには、責任感や倫理観を持って大学院での修士課程を経て、その後、資格認定協会の資格試験に合格することで初めてなることができます。しかし、そこまでの努力を要する専門家であるのにも関わらず、臨床心理士は国家資格ではありません。そのため、国家資格化に向けて、資格認定協会が、長年、活動を続けてきましたが、達成できそうなところで政権交代等が起こったりし、なかなかその願いが成就されませんでした。しかし、現在の政権になってからは内閣がすぐに代わることなく安定して続き、その願いも叶いそうなところまでくることとなりました。  ちなみに、資格認定協会によれば、「臨床心理士」の資格そのものが国家資格になるのではなく、新たに「認定心理士」か「心理師」という別の資格を作る動きとなっています。そのため、既に、「臨床心理士」の資格を持っている人は再度、新しい資格獲得に向けて資格試験を受けなければならない等の大変さがあったりします。また、公に認められる資格となった後のメリット、デメリットもあまり注目されていないのも現状です。 281

更新履歴